アラフィフ主婦ののんびりブログ

アラフィフ主婦ゴンのたわいもない日常を書きます

顔の見えない相手…

おはようございます^ ^

ご訪問ありがとうございます😊


昨日はおめでとうコメント&ナイスありがとうございました😊

とても嬉しかったです♪

コメントって送るのはちょっと勇気がいるのですが(初めて送る時はかなり勇気必要😅)いただくと、とても嬉しいです😆


私、小学校の時から3、4人の方と文通していたくらいなので、人様とのやり取りが基本的に好きなのだと思います。←今は手紙、全く書きません😅


そういえば、中2の時「月刊りぼん」で知り合った同じ年の女の子と文通をしていました。

その子とは、中3の受験時にお互いストレスが溜まったのかケンカになり、疎遠になってしまいました。


そして、無事、学区内の公立校に合格。

入学式🌸クラス名簿を見たら…

なんと!

その子の名前があったのです‼︎

でも、同姓同名ということも大いにありえるし…


文通の時お互い写真交換もしているので、とにかく顔を確認と思いクラスに行ったら…

その子は前日にお父様が亡くなられて入学式から何日間かお休みでした。


彼女の初登校時、顔を見て…

まさしくあの『C子ちゃん』でした!

何十校もある中、同じ高校を選び、何クラスもある中で同じクラスになるなんて!

これ、男女だったら『運命的な出会い』ですよね😅


まっ、私たちは男女でもないし、女同士でも、結局は性格のタイプも違い、いまいち微妙な関係がクラス替えまで続きましたが😅


『C子ちゃん』に「もしかして文通してたC子ちゃん?」と話しかけたら「う、う、うん」と…

「あの時はごめんね。」

彼女、「う、う、うん」………以上。


私は思い出しました。

C子ちゃんは手紙でお父さんの具合が悪いことを書いていたな…

お母さんと2人だけの生活になってしまったらと、これからの不安を吐露していたな…


中3の私は自分のことで精一杯。

人を、ましてや実際会ったこともない人の気持ちに、耳を傾ける余裕も度量もなかったな…


文通してた時の『C子ちゃん』は実在している人物ではあるかもしれないけれど、私は実感がわいてなかったと思う。

でも、実在している彼女と面と向かって会ってみたら、彼女の悲しみや苦悩が顔から見て取れたのです。


『C子ちゃん!あの時はごめんね。

今、C子ちゃんが幸せに暮らしてることを、心より祈ってます。』


※ 出して欲しくてゲージにへばりつくチイ♪

👵「チイくん、顔の見えない相手でも、きちんとした対応って必要ですよね。」

🐦「そうですね。相手もきっとお母しゃんと同じで、『感情を持ち合わせた人間』ですものね。」


読んでいただきありがとうございました😊

皆さま、良い日曜日をお過ごしください。